プライベートオーガニックエステサロン **.:・prism・:.**

尼崎・武庫之荘にある隠れ家リラクゼーションエステ。本当の美しさを見出すお手伝いをしています。

薬使う?使わない?

先日、息子の9ヶ月健診に行って参りました。

そこで保健師さんのお話に驚いたのですが、
最近は
アレルギー反応を抑える薬を飲んでまで
アレルゲンを食べさせる傾向にあるそうです。

このごろは加工食品や外食など、
何が使われているか分からない場合が多く
予期せずアレルゲンを摂取することがあるので
危険なんだそうです。

だからって、
薬を飲みながらアレルゲンの食品を食べさせるって
なんか変な気がしませんか?

私はすごく違和感を覚えました。

もちろん、そばなどで
命の危険があるような重篤なアレルギーの場合は
やむを得ないこともあるでしょうが、
皮膚や粘膜に一時的な症状がでるくらいなら
いずれは体が慣れるかもしれないので
様子をみながらすこしずつ与えていく、
という方が私にはしっくりきます。


薬というのは
むやみに使用すると
体の抵抗力や自然治癒力を弱めると思っています。

息子が3ヶ月くらいのときに
全身に痒みのある赤い湿疹ができて、
小児科に連れて行きました。

弱いステロイドをさらに軟膏で薄めたものを処方され
塗ってみると、みるみるうちに湿疹が消え、
とても綺麗な肌になりました。

それからは少し赤みが出ても
ひどくならないうちに・・と
せっせとそのお薬を塗っていたのですが、
薬をやめるとまた赤みができて
湿疹が出てきて、また薬を塗って、
と繰り返しているうちに、
これではこの子のお肌は薬が守ってくれていることになるし
症状が治まっても本当に治ったことにはなっていない、
と気になるようになって来ました。


アトピーと戦っている友達からの助言もあり、
薬を塗るのをやめることにしました。

幸い、子どもはまだ自分で上手に掻くことができないので
しっかり爪を短く切っていれば
皮膚を傷つけたり湿疹がひどくなるということはなく、
何度か赤みが出たりひいたりを繰り返すうちに
湿度の高い季節を迎え、綺麗になってきました。

途中で主人からは
「薬塗ったりー、かわいそうやん。」とか
「医者ちゃうねんから勝手な判断したらあかん。」とか
いろいろ言われましたが
絶対に間違ってない、この子の肌は自然に綺麗になる、
って信じることができたのは
私が元々薬に頼らず生活してきたからだと思います。


例えば風邪を引いたら抗生物質、
熱が出たらすぐに解熱剤、
下痢をしたら下痢止め、
怪我をしたら消毒や軟膏や絆創膏・・

それらが本当に必要かどうか
見極めるのは難しいし
子どもは親の勝手に振り回されるしかない・・


何でも自分で判断してしまうのは危険だけれど、
子どもの変化を敏感に感じ取れる親であれば
自然に治る症状か放っておいてはいけない状態か
分かるのかもしれません。

その時々でいろいろ悩みますが
体やお肌や心が強く育ってくれたらいいな、
と思うのです。


武庫之荘のプライベートアロマ・エステサロン relax for beauty 'prism'
ピンクケータイhttp://prismnet.jp/i/

↓エステ・スパblogランキング☆
バナー
http://blog.with2.net/link.php?441593>
関連記事

10 Comments

さなゑ  

no subject

そうですね~。
医者じゃないから難しいことはよくわからないけど
子どもの変化に気付き注意深く観察し続けることがとっても大切だと感じました。
幸いうちの子はまだ薬のお世話になっていないのですが
食欲ないかも…
鼻水出てる!
ちょっと寝すぎじゃない?
などなど、一喜一憂の毎日で、心配しだすときりがないですi-230

2010/07/15 (Thu) 17:11 | EDIT | REPLY |   

マガーリ  

no subject

うちの店の話やねんけど、前に玉子、乳製品系すべてだめ!って言うお客さんからコース予約を頂いたんやけど、
かなり難しかった!
すごく喜んで帰って頂けたけど、事前に分かってて予約まで1週間ぐらい余裕があったからできたけど、
これが、予約なしで急に来られて言われても、もしかしたら見落とす可能性があるのも事実。
実際初めに組んでいたメニューで、見落としがあって
前日に築いたからよかったものの、すこし危なかった!

話はこんな大きなアレルギーではなくても自分の判断の中に、他人の判断も少なからず入ってくるって言うのもあるから、他人を信用しすぎるのも少し危ないし、
自分を信用しすぎるのもこれもまたのちょっと危険かも!?

自分、他人、子供のバランスなんとちゃうかな!?
と思う。

只、薬をむやみやたらと使うのは、自分も反対やけど。

2010/07/15 (Thu) 19:03 | EDIT | REPLY |   

asako  

no subject

私もprismさんの意見に大賛成です。

それとステロイドは本当に強い薬です。まるで麻薬のな薬と思う。頼り始めるとステロイドがなくては生きていけなくなるくらいになるほど怖いお薬だと私は思っています。

お子さん良くなってよかったですね。

ちなみにうちの母は漢方の薬剤師ですが、普通のお薬はいっさい飲みません・・凄い忙しいので睡眠時間一日4時間程度だけど誰よりも体力があるのは冷たいものをいっさいとらず体を温めるものしか体に入れないからだと言い張っています(苦笑) バナナさえも体が冷えるといって食べません~。

2010/07/15 (Thu) 22:49 | EDIT | REPLY |   

ちぷ  

こんにちは。
私も薬を飲んでまでアレルギーに対抗するのは嫌だわ。
塗り薬は難しいね~。ステロイドの効果はびっくりだよね~
うちも乳児湿疹が悪化した時に出されて一日二回二日間塗ったけど半日で綺麗に治って逆に怖かった…
でもまた結局出るでしょ…
繰り返すって聞いたから、その後は塗ってないよ。

前も書いたけど、卵アレルギーは新陳代謝がうまく出来るようになって自分で汗を沢山出せるようになったら治るよ!!
ママは神経質になっちゃうけど治ると信じて頑張ってね♪

それから、アレルギーもちのこはまた別のアレルギーにもなりやすいみたいだから、命に関わる喘息など引き起こさないようにね!

2010/07/16 (Fri) 15:41 | EDIT | REPLY |   

prism  

コメントありがとうございます。

さなゑさま
自分の体だったら、少々鼻水出ようが平気だし
どうしたら治るっていうのがわかるけど
赤ちゃんのことってこんなにわからないものなんだぁ
って私も思いましたよ!
喋れないから余計に心配になっちゃいますよね。

それでも少しずつ
機嫌がいいから大丈夫~とか
泣いてる理由とかわかってくるものですね。

サインを見逃さずにいたいです。

2010/07/18 (Sun) 01:48 | EDIT | REPLY |   

prism  

コメントありがとうございます。

マガーリさま

卵や牛乳って意外と隠れたところに使われているんですよね。
でもお客様に合わせて試行錯誤できるホスピタリティーさすがです!
うちのお客様にもILVIGOREは評判いいです♪

薬や病院のことは、全て自己判断はほんとに危険なので、周りの意見も聞きつつ冷静に子供を見つめる客観的な視点を忘れてはいけないと思います。

何でもバランスですよね~☆

2010/07/18 (Sun) 12:16 | EDIT | REPLY |   

prism  

コメントありがとうございます。

asakoさま

お母さまのお話以前伺って、とても興味を持ったことを覚えています。
本来備わっている自然に回復する力を育てたいと思います。
外敵から身を守るための症状(熱、鼻水、下痢など)を薬で抑えこまないというのも一つだと思います。

それにしてもバナナは食べてしまいます~( ̄∇+ ̄)

2010/07/18 (Sun) 12:31 | EDIT | REPLY |   

prism  

コメントありがとうございます。

ちぷさま

乳児湿疹みたくどの子でもなるものでもステロイドが処方されるんですね。

せめて、薬をもらったら作用と副作用だけでもしっかりと把握してから与えなきゃいけませんね。

卵アレルギーは、うんちの状態を見て人参がちゃんとこなれて出てくるようになったら少しずつ与えてみたらいいそうです。

息子は少し汗をかく量が少ないような気がします。
やっぱり代謝悪いのでしょうね。

喘息にならないようにするには何に気をつけるべきなのかな?
注意して調べてみます。

2010/07/18 (Sun) 21:13 | EDIT | REPLY |   

Chisato  

no subject

とっても難しいですね。
私の子供のころを懐かしく思い出しました。
祖母は蚊にかまれたら、
庭に生えてるドクダミの葉を塗ってくれて、
やけどをしたらアロエの葉を患部に
シップしてくれました。

母が昔、クーラーをかけると汗腺の数が減る!
ってという噂を聞いたせいで、
小さいときにクーラーをつけてもらえず、
今も私たち姉妹はクーラー嫌いです。

成長すると同時に体質が変わったりするもので、
いとこはアレルギー体質でしたが、
成人したら治ってました。
でも治るまでは食事のたびに周りから
怪訝そうな顔をされることがあり、
自分が他と違うみたいに感じ嫌だったと
話してくれました。

私は、ひどい偏頭痛もちで、痛み止めは、
常時冷蔵庫にあるし、
どこへ行くにも痛み止めは手放せません。
偏頭痛は20歳からはじまりました。
痛み止めは、必ず胃を悪くしますし、
即効性があるものは、依存性が高いです。
一度、薬を使わないで何とかしたいと思って、
粘りましたが、結局救急病院で、
もっと強い効能の注射。
痛み止めは、飲むタイミングが大事だそうですね。
なるべく飲みたくないので、
漢方薬で予防していますが、
完全にはむずかしいです。

ブログを読ませて頂いて、
自分の頭痛でも悩むのに、
もしこれがわが子の症状だったら、
本当に辛いと思います。
私が偏頭痛で辛いときは、
主人もいつ救急車呼んだらいいかとか、
本当に悩むそうです。
チコトさんの一生懸命な姿が目に浮かびます。
何事も正解があれば、どんなに楽か!!
何も力になれませんが、
いつも応援しています!!v-238

2010/07/18 (Sun) 23:49 | EDIT | REPLY |   

prism  

コメントありがとうございます。

chisatoさま
あったかいコメントありがとうございます!
偏頭痛お辛いでしょうね
薬を飲めば楽になるのが分かっている状況で我慢しようとする姿勢に頭が下がります。

依存性のある薬や、体が慣れてどんどん強い薬を必要とすることは本当に怖いです。

なんとか自然に体調を整えることが出来ればいいのですが…医学とも、上手に付き合っていきたいですね。

2010/07/22 (Thu) 01:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

Follow Me