プライベートオーガニックエステサロン **.:・prism・:.**

尼崎・武庫之荘にある隠れ家リラクゼーションエステ。本当の美しさを見出すお手伝いをしています。

みっくんの入園ドキュメント




甘えることを良しとし、
怒らず彼の意思を尊重してきた
(つもりの)私の子育て。

息子が彼でなければ
もしかしたら違う子育てをしていたかもしれません。

聞き分けの良い子だったら。
落ち着いていてしっかりした性格だったら。

私の価値観を、そうと気付かずに押し付けたり
知らずに我慢や淋しい思いをさせてしまうことも
きっと今より多かっただろうと思います。

産まれてから3歳まで、
どんな育児マニュアルも通用しなくて
むしろ裏目に出ることばっかりで
決して楽をさせてくれるタイプではありませんでした。

世の中の赤ちゃんがみんなおりこうさんに見えて
なんでうちの子は…なんて思ったこともあります。

でも前向きに考えるのが好きなので、
手がかかるからこそたっぷりたっぷり
手をかけてあげようって思えたし、
この子は大きな大きな愛情のタンクを
持って産まれて来たのだから
いっぱいになるまで時間がかかる、
でもいっぱいになったらきっと、
誰よりも愛情の深い人になれる
って思うことが出来ました。

まだまだ甘えたで泣き虫だけど、
妹も出来てオムツも辞めたら
少しお兄ちゃんになったみたい。

満たされている時の彼は
イキイキとおふざけしてナイスキャラ。

優しい言動で周りを和ませることだって出来ます。

そんな彼が私は大好きで大好きで…。

彼はよく泣いたり怒ったり癇癪を起こしますが、そんな時も
私は大好きって伝えるようにしています。

わざと人を困らせることは良くないからたしなめるけど、
感情を思うままに表現出来るのは素晴らしいことだと思うから。

どんな所も出来る限り肯定してきたから
彼にとって幼稚園は不条理を学ぶ場所になるのではないか…

私の心配はそこにあります。

余りある思いを汲み取ってもらえない時、
彼の中の正義を認めてもらえない時、
意思を尊重してもらえない時、
すごくストレスを感じてしまうかもしれない。

息子に寄り添い過ぎて繊細な傷付きやすい子にしてしまったかもしれない、
とは思いました。

幼稚園はそんな彼にとって試練、成長の場になるだろう、
とは思っているのだけれど。


楽しみな中にもそんな不安を抱きつつ
4月の風の冷たい日に入園式はありました。

可愛い制服姿でふくれっ面(笑)
カメラを向けても逃げるし(泣)

幸い、式も式の前後もずっと私が側に
いられたので泣くことはありませんでした。

でもみんながママと手を繋いで入場する中、
抱っこされて入場したのは彼だけ。

早速存在感をアピール出来ました(笑)

みこころ幼稚園の入園式は
在園児による歌のプレゼントがあったり
先生方による捨て身の(?)ノリノリショーがあったりで
ニコニコ笑顔になれる式でした。

ふいに涙が出そうになるくらい
先生方は一生懸命体を動かし声を出して
新入園児達を歓迎してくださったので
「この園を選んで良かった」って思いました。

当の息子は照れ臭いのか面倒臭いのか終始ふくれっ面で素敵な写真も撮れずじまい。

明日からの園生活、いったいどうなるんやろう…

慣れるまで1年かかる。
みんなと同じようにお遊戯したり
整列したりご挨拶したり
出来るまで1年はかかる。

家で遊ぶ時と同じように
イキイキとおふざけ出来るまで1年。

そう覚悟して、でもきっと少しずつ
素敵な変化を見せてくれると信じて
幼稚園という最初の社会に送り出そう。


それから2日後、初めて彼を一人幼稚園に置いて
自転車で娘と帰りました。

すがって泣いた息子を見て胸が痛かった訳ではありません。

ずっと握り締めて放したことのなかった手を
指一本分だけ放したことの痛みが胸を締め付けて
涙が溢れてきました。

これから何度こういう瞬間を迎えるのだろう。

いつか全部の指を放さなければならない時
引きちぎられるような思いをするのかな。

子どもを育てるのって寂しいことなんだ、
でもこの寂しさってちょっといいかもしれない。

孤独や絶望とは違う誇らしい寂しさ…

なんて親になってまだ間もない私が生意気なことを考えている時、
「そのうち、ずっと同じ所で待ってることしか出来なくなる、
でもそれが大事な親の仕事」
母からメールが来て、また涙。

お母さんも1本1本指を振りほどいていく私を
いろんな思いで見つめていてくれたんだね。


空が蒼くて風の強いあの日のことは
きっとずっと忘れないでしょう。

そんな初日の彼はなぜか
「幼稚園楽しかった、先生好き」
と言ってくれて私も嬉しかったし、
案外早く慣れるかもしれないな、
なんて思わせてくれました。

ただ次の日には
「先生きらい」
「お友達もきらい」
「ぜんぶきらい」
「お母さんだけ好き」
になるのでしたが(笑)

泣いたり怒ったり喚いたり甘えてみたり
あの手この手で私を幼稚園に引き留めようとするのが
可笑しくて毎朝楽しみでもあります。

3人乗りのママチャリはまだ乗りこなせていませんが、
道中の会話がまた面白く、季節を鼻にツーンと感じられて
私にとってはいい感じにスタートした幼稚園ライフです。


陰からこっそりお遊戯を覗いてみた話や
面白いお話もまだたくさんあるのですが
長くなってしまったので今日はこの辺で。


追伸
お仕事のお話を足しておくと、
平日の10時~13時までと土曜日は
新規のお客様もお受け出来るようになりました。

どうしても土曜日が混み合うので、
平日の料金を少し下げるかもしれません。

また方向が決まったらあらためてお知らせしますね☆

prismの方もよろしくお願いいたします♪


尼崎 武庫之荘のプライベート 隠れ家 アロマ エステ サロン
オーガニックエステティック協会所属
prism



月~土 11:00~14:00
日・祝お休み


ご予約、お問い合わせフォーム

お客様の声

オーガニックエステスクール スクール生募集中
お気軽にお問い合わせください♪
関連記事

2 Comments

hitomi  

みっくん、ご入園おめでとうございます。

いつもいつも、千琴さんの紡ぎだすことばには
本当に涙を誘われる…

いつか多くのお母様に向けて
千琴さんの子育てを聞かせてあげてほしいナ

2013/05/09 (Thu) 09:30 | EDIT | REPLY |   

千琴@prism  

hitomiさま

御無沙汰しておりますっ(>_<)
いつも大事に読んでくださってありがとうございます。
気持ちが動いたことを忘れないように、
読めばいつでもその時の気持ちを思い出せるように、
出来るだけ体験に忠実に、気持ちに素直に文章をまとめるようにしています。
でもなかなか時間のかかる作業でして…
少しずつ書き進めてやっとアップできたぁって感じです。
何かしら伝わってくれたら書いた甲斐がありますね☆

2013/05/10 (Fri) 10:17 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

Follow Me