プライベートオーガニックエステサロン **.:・prism・:.**

尼崎・武庫之荘にある隠れ家リラクゼーションエステ。本当の美しさを見出すお手伝いをしています。

ちこっちゃん物語~第三話

良いカウンセラーがいないかなーって
主にネットで探していた時に見つけた「被害者意識」という言葉。

自分で自分を被害者に定めることで
存在価値を得ようとしている人のこと。


いっつも私ばっかり頑張ってる・・。
分かってくれない人や
認めてくれない人が悪い。
(←自分が被害者という安全地帯にいたい。)


少なからずそんな風に思ってしまうことって
誰にでもあると思います。


どうして頑張らないと、頑張りを認めてもらえないと
自分の存在価値を得られないのでしょうか。


だって頑張ることが一番大切なんだって
親も学校の先生も、本も映画もみんな言ってたもん。



私もそうでした。

でも被害者になってしまうのは要するに
「本当は頑張りたくないのに頑張らなきゃいけない(と思っている)から頑張る」
のが原因です。


例えば。

休日に夫がゴロゴロ。

私は朝から普段通りの家事をこなしながら
子ども達の相手。

イライラ・・・・・・・


この時の心理状態を徹底的に翻訳すると、

私ばっかり頑張ってる。
ちょっとは手伝うとか労うとか、
子どもの相手をするとかして欲しい!



私も自分の時間やゴロゴロする時間が欲しいのに
我慢して家族の為に頑張ってる!



私がやりたくても出来ないことを悠々とやっている夫が腹立つ!



つまり、
自分に出来ないことをやっている人が羨ましい・・。



こういうことって本当によくあると思います。


・あの人ズケズケものを言うからキライ

言いたいことを率直に言うのは悪いこと(だと思っている)

私は言いたいことは我慢している

率直に言える人が羨ましい



「羨ましい」という所は認めたくない人が多いと思います。

でも認めた瞬間、
「フーッ!!」て楽になって
なんだか笑えてしまうんです。


そして、次は頑張るの辞めようって
決めるだけ。


夫がゴロゴロしている時は
「いいなー私もゴロゴロしたーい」
って言って一緒にゴロゴロしちゃう。


でも本当にやらなきゃいけないことがあってゴロゴロ出来ない時は
「私もゴロゴロしたいのにやることいっぱいで出来ないよー。」
って言う。


言いたい事はズケズケ言っちゃおう!
って決める!

言われた人の気持ちなんて関係ない!

トラブったら後で謝ろう!



そういう風に、少しずつ自分を許して緩めていったのです。


ダメだ、あり得ない、許されないって思ってたことを
「やってもいいんだ、許されてる」に塗り替えていく。


そしたらね、前はイライラしたりなんでやろう?って思ったりしたことが
全然気にならなくなってきたのです。


さらに。その上。

夫が「手伝おっか?」って言ってくれたり
「大変やな」って言ってくれたりするようになって、
「じゃあ甘えさせてもらおうかな?」っていう気になって、
「ごめんね、仕事で疲れてるのに」なんて言葉が自然にかけられるようになりました。


めちゃくちゃ好循環になったのです。


自分が頑張らなくなったら、
人が頑張っていなくても気にならない!


晩ご飯のおかずの品数も減らしたし、
残り物だけっていう日もあります。

以前は罪悪感でしんどかったそんな手抜きも段々許せるようになって、
おかげで子ども達と遊んだり自分の為に使う時間が増えました。


完璧な妻や完璧な母になんて
もともとなれっこない私の性格。


自分に無理難題を押し付けて
それが「人間的成長」の為に必要な事だと思い込んでいたのですが、
出来ない自分を責める材料になっただけでした。



ダラダラしてもいいし、何にもせずにボーーーーーッとしててもいい。


生きてきた中でそうしてる時の私が一番私らしかったんだもん(笑)


音楽を聴いて、歌を歌って、何か書いて、本を読んで、夢を語って、アロマを焚いて、美容研究…


忙しい忙しいって、すっかり遠ざけていた私の人生のお供の皆さんお待たせしました。


そうしてる自分が一番好き。
大好き。



料理も掃除も苦手。めんどくさい。


下手っぴでごめんなさい、手伝ってね。




そういう自分が好きで大切なのです。
心から取り戻したい。
変わらないって誓った20歳の頃の私を、知らないうちに裏切っていました。
あの頃の私、ごめんね。


私が思い出したことで、昔の私が喜んでいる!って思いました。


もう二度と忘れないよ!!!




私が少しずつ被害者意識を無くして自分らしさを取り戻していった過程が、少しでも伝わるでしょうか?


心理描写、心の変化を文章で表すのは本当に難しいです。



さらに不思議なことも起こっています。

以前は
片付けや掃除がはかどらない自分を責めて、出来ていない所ばかり気になって、でも時間がないのにどうしろって言うの!なんて頭の中で言い訳するぐらい出来ないことに罪の意識を持っていたのですが(だから出来ていない所を夫や母に指摘されるとイラッとしていた)、頑張らないって決めた今は、ものすごく自然に気持ちよく片付けや掃除をすることが出来ています。


私を縛っていた鎖がひとつ外れて動きやすくなった感じ。



前述の「ズケズケな人になる」もそうなのですが、実際「よし!私もそうなろう!」って決めても本当に人に疎ましがられるほどズケズケな人になっちゃう事ってあまり無いような気がします。


例えば今もし、嫌々介護か何かをしている方がいらっしゃったとして、「私、介護辞める!」って決めたとしたら。

他にお願い出来る所や人が自然に見つかったり、自然に楽な気持ちでお世話が出来るように気持ちが切り替わったりすると思うのです。


これは本当にやってみないと分からないのですが、私はこの不思議な現象が鏡の法則やマーフィーの法則などで言われているように、必ず存在するのだろうと信じます。


きっと何か大切なものに気付く為に与えられた試練なのじゃないかな。


気付けたら次のステージへ。


気付けなかったらきっと同じことが繰り返される。




私が自分を取り戻したことによって、夫との関係はよくなってきています。


もちろん、いつまた問題が起こるか分かりません。


でもきっとその原因は以前よりもっとクリアです。


私が私らしく楽しくいられる為には、
夫にも夫らしく楽しくいてもらわなきゃ。


これまでも問題を解決する為にいろいろ考えたり悩んだりしてきたし、その度に前へ進んできたと思ってきました。


でも今回ほど根本原因に近付けたことはないと思いますし、私がしんどくない楽で楽しい方向を見つけられたのは本当に収穫でした。



気付き始めると畳み掛けるようにいろいろな新しい気付きや変化が目の前に現れます。


次回最終話では、私が受けた二つのセラピーと息子の話を書きます。


つづく


「ちこっちゃん物語」第一話
http://prismoflife.blog99.fc2.com/blog-entry-341.html

「ちこっちゃん物語」第二話
http://prismoflife.blog99.fc2.com/blog-entry-342.html

「ちこっちゃん物語」第三話
http://prismoflife.blog99.fc2.com/blog-entry-343.html

「ちこっちゃん物語」最終話第一部
http://prismoflife.blog99.fc2.com/blog-entry-344.html

「ちこっちゃん物語」最終話第二部
http://prismoflife.blog99.fc2.com/blog-entry-345.html



尼崎 武庫之荘のプライベート 隠れ家 アロマ エステ サロン
オーガニックエステティック協会所属
prism



月~土 11:00~14:00
日・祝お休み


ご予約、お問い合わせフォーム

お客様の声

オーガニックエステスクール スクール生募集中
お気軽にお問い合わせください♪










関連記事

0 Comments

Add your comment

Follow Me