プライベートオーガニックエステサロン **.:・prism・:.**

尼崎・武庫之荘にある隠れ家リラクゼーションエステ。本当の美しさを見出すお手伝いをしています。

セラピストアーティストをめざして。

TSU16022820-2_TP_V.jpg 


…そうですね…。私は深海を漂っている感じでした。
薄青い中、音もなく、たゆとう感じで…。



生駒でカウンセリングルームをなさっているお客様が
prismの感想を書いてくださいました。



元国語の先生だけあって
単語のセレクトが文学的♡



先日は別のお客様が
俳句にしたためてくださったprismですが、
今回は短編小説?
になっております。


ぜひリンク先をご覧になってくださいね!



: : : : : : : : : : : : 



昨日とっても素敵なトリートメントを
私も受けてきましたよ!!

そのレポはこちらをごらんください♡



受けながら考えていました・・・。



誰のトリートメントを受けても、
その人それぞれの個性が出ている。



昨日受けた志友さんの施術と
私の施術はきっとぜんぜん違う。



トリートメントに正解ってきっとなくて、
本当に好き嫌い、合う合わないの世界なんだと思います。



どんな人もみんな生まれながらに素晴らしいのと一緒。



誰のトリートメントであっても、
一生懸命やっている限り、
それぞれの素晴らしさがある。



こうしなきゃコリがほぐれない、とか
こうしなきゃリンパが流れない、とか
ある程度の基本的テクニックさえ押さえておけば
リズム感や速度、強さなど自由なんですよね。



だから私は
マッサージは、トリートメントは、
「アート=芸術」だと思っているんです。



自分をいかに表現するか。


今この瞬間の出会いをどう感じ合うか。




先日、また別のお客様からトリートメント後に
「ピアノを弾いているみたい」と
表現していただいたのですが、
ほんとそう言う感じかも。



マッサージは音楽だと思うし、
ダンスだと思うし、
ミュージカルだと思うし、
映画だと思う。



日々ストイックに鍛えるプロのダンサーが
一度きりのステージに立って何を表現するのか。



そういう気持ちを持ちながら
トリートメントをしています。



これからもっともっとこの手を使って
アートしていきたいと思っています。



そのアートを鑑賞するのは、
その日その場にいるお客様たった一人だけ。



記録もされないし何も残らないけれども
確かにお客様の肌に刻まれる感動・・



そう、触れられるだけで感動してしまう、

そんなマッサージを目指しています。



: : : : : : : : : : : 


Q.
prismで、どのコースを受ければ
そのアートとやらを一番感じられますか?

A.
アロマボディとオーガニックフェイシャルの
セットになったトータル160分のコースが
ダントツおすすめです!!


メニューはこちらからごらんくださいね♡
http://prismnet.jp/menu.html







日時:7月28日(金)10:00~11:30
場所:武庫之荘カルチャースタジオ
定員:10名
料金:2,000円







RELAX FOR BEAUTY 'PRISM


ベッド

04.jpg


武庫之荘にある、女性専用・


完全予約制のオーガニックな


こだわりのあるエステサロンです。



当サロンでは、お客様に無理に


化粧品の購入をお願いしたり、


コースを組んだり、


チケットを販売することは


致しておりません。



ただただ、お客様の問題解決と


健やかな美しさのために、


心からサポートしていきたいと


思っております。



どんな些細なことでも、


どうぞ気軽にご相談ください。



サロンのコンセプトはこちら


クレド(信条)はコチラ





 HP http://prismnet.jp


 TEL 06-6438-6123


  メール・お問い合わせフォーム


 11:0016:00(受付時間)


 *サロン予約空き状況


 *prism動画集


 *お客さまの声 




[ 山野千琴管理blog ]



小さなサロン向上委員会


http://ameblo.jp/salon-enhancement/



感受性の強い赤ちゃんとそのママへ


http://ameblo.jp/motherofcolor



My Precious, Prism Story☆


http://ameblo.jp/lohasjunkie/









関連記事

0 Comments

Add your comment

Follow Me