プライベートオーガニックエステサロン **.:・prism・:.**

尼崎・武庫之荘にある隠れ家リラクゼーションエステ。本当の美しさを見出すお手伝いをしています。

シンポジウム・帯津良一先生のお話〜「大ホリスティック時代の3つの概念」

シンポジウムのトップバッターは

埼玉県川越市の帯津三敬病院名誉院長であり

日本ホリスティック医学協会名誉会長の

帯津良一先生でした。


 
1936年埼玉県生れ。61年東京大学医学部卒業。東京大学医学部第三外科、都立駒込病院勤務を経て、82年埼玉県川越市に帯津三敬病院を開設し院長となる。人間をまるごと捉える「ホリスティック医学」の確立を目指し、医療の東西融合という新機軸を基に、癌患者などの治療に当る。また、気功、漢方薬、鍼灸、食事療法、心理療法、健康補助食品などの代替医学も積極的に治療に取り入れている。講演や大学での講義を行なうほか、日本ホリスティック医学協会会長、世界医学気功学会副主席、上海中医薬大学客員教授、調和道協会会長等を務める。著書に『ガンを治す大辞典』(二見書房)、『健康問答』(五木寛之氏との共著、平凡社)、『健康になる格言』(草思社)、『ホリスティック医学入門』(角川書店)など多数。
帯津良一先生のインタビューを掲載した記事からの引用https://www.athome-academy.jp/archive/medicine/0000001044_all.html


あとで御年80歳と知り驚きました。
とても矍鑠とされていて生命力溢れる様子で
70代前半をイメージしていたので。



帯津先生は帯津三敬病院で末期のがん患者さんたちと
日々向き合ってこられました。


ガンの治療で大切なこと、またこれからの課題として必要な
3つのことを仰っておられました。

⑴自らの内なる生命力=体全体を一つの場と考えて
 その場のエネルギーを高めること。

⑵治し(西洋医療)と癒し(東洋or代替医療)の統合

⑶患者と医療人との一体感



欧米では代替医療の研究や導入が進み、
ガン患者の数はどんどん減って来ているが
日本では代替医療に対する理解が遅れている、
それによってガン患者が減らない、というようなことも
仰っていました。



ガンの治療についても掘り下げてもっと伺いたいところでしたが
そこは多数のご著書で勉強したいと思います。


話は「大ホリスティック時代の幕開け」という主題に移ります。



「大ホリスティック時代」に必要な3つの概念について。


一つ目は
「個物から場へ」

問題の箇所だけを見るのではなく
場、つまり全体を見ていくことが必要になる、ということ。

病気の発生している場所、ではなくて
その人自身を見る。

その人だけを見るのではなく、
その人の所属しているコミュニティを見る。

コミュニティだけを見るのではなく
社会全体を見る。

生命は単体で独立した存在のように思えますが
実は周囲の環境とバランスをとりながら
変化を繰り返し続けているんですね。


だから場を整えるということはとても重要なことなんです。


ただ、想像力や直感力がないと「場」を見ることはできない、
ということです。

私個人的に、気功師や本物の指圧師さんは
それができている人なのかなぁと思い丸。



2つ目。
「自然界の『場』は階層をなしている。」


人間の体が一番上の階層だとしたら、
その下に臓器があって、
さらにその下に組織、
細胞、
原子、
分子、
素粒子
という形でそれぞれの階層があるということ。


そして上の階層はそれより下の階層を含むけれど、
下の階層の単純な総和=上の階層ではないということ。



すなわち、下の階層で生じた理論を
上の階層に当てはめようとすると無理が生じる。



3つ目。
「生と死の統合」

ホリスティックの究極は
「この世とあの世が一体となったもの」を見るということ。

私が存在しているこの地球、
地球が存在している宇宙、
そして宇宙全体を包んでいる「この世」と「あの世」
すべてに対して「場の理論」を当てはめることが
帯津先生のおっしゃる究極なのでしょう。


生きている間に
「生と死の統合」を行うことが大切だと仰っていました。

生と死の統合って何??

・生きている間に死と向き合い受け入れること。

・「生きるも死ぬもあるがまま」と堂々と旅立つ覚悟。

・最後の瞬間にハッピーエンドと言えるシーンを迎える心の準備。


のことのようです。


帯津先生が見て来た中で
「生と死の統合」をやって旅立たれたのは
わずか一桁ほどの方しかいなかったそうです。




最後に帯津先生の考えているホリスティック医療に通じる
療法、手段について教えてくださいました。

⑴免疫療法
⑵中医学
⑶ホメオパシー(ガン治療になくてはならないが、エビデンスに乏しい。)
⑷粒子線治療
⑸気功
⑹患者個人個人に合わせた戦略会議


東洋医学や代替医療にはエビデンスがあまりないので
臨床に応用できないとの意見が多く聞かれますが、
帯津先生の見解を聞くと至極納得いたします。


つまり、
心や生命に関わるものがすべて解明されてもいないのに、
エビデンスがあるわけがない。
エビデンスだけにとらわれていたら
目の前の患者を見ることを忘れてしまう。
ということをおっしゃっていました。



エビデンスに関しては
明後日と明々後日でご紹介する
DaiGoさん、茂木健一郎先生も
とても興味深い発言をされていましたので
またその際に触れたいと思います。




今後、西洋と東洋が統合され、
「個」から「場」へ視点が移され、
「生」と「死」の統合、「この世」と「あの世」の統合が
進んでいくことで帯津先生のおっしゃる
「大ホリスティック時代」が成熟していくことを
願ってやみません。



大変貴重なお話を伺うことができてよかったです。



明日はベストセラー『引き寄せの教科書』の著者である
奥平亜美衣さんのお話をご紹介いたします。

誰でもどんな願いでも叶えることができる
魔法を教えていただきました。

お楽しみに♪


4回にわたって先日行われた
ホリスティック医学協会の30周年記念シンポジウムの内容について
レポートしています。








*   *   *   *   *



夫婦関係や家族関係について前向きに語り合う
ランチ会を開催します☆

11月1日(水)
会場は未定。
参加費はランチ代実費のみ。
(2,000円前後)
人数は5人まで。

「行きたい!」ってピンときた方は
ご連絡くださいね♡


*   *   *   *   *




来週開催!!
小顔道場は
9/28(木)10:00〜11:30
行います!!

料金は2,000円!

小顔道場チラシjpg 

小顔道場ってなに?
詳しく知りたい!!という方は
こちらの記事をご覧ください♡







RELAX FOR BEAUTY 'PRISM


ベッド

04.jpg


武庫之荘にある、女性専用・


完全予約制のオーガニックな


こだわりのあるエステサロンです。



当サロンでは、お客様に無理に


化粧品の購入をお願いしたり、


コースを組んだり、


チケットを販売することは


致しておりません。



ただただ、お客様の問題解決と


健やかな美しさのために、


心からサポートしていきたいと


思っております。



どんな些細なことでも、


どうぞ気軽にご相談ください。



サロンのコンセプトはこちら


クレド(信条)はコチラ





 HP http://prismnet.jp


 TEL 06-6438-6123


  メール・お問い合わせフォーム


 11:0016:00(受付時間)


 *サロン予約空き状況


 *prism動画集


 *お客さまの声 




[ 山野千琴管理blog ]



小さなサロン向上委員会


http://ameblo.jp/salon-enhancement/



感受性の強い赤ちゃんとそのママへ


http://ameblo.jp/motherofcolor



My Precious, Prism Story☆


http://ameblo.jp/lohasjunkie/




関連記事

0 Comments

Add your comment

Follow Me