FC2ブログ

Welcome to my blog

☆ 千琴 ☆

☆ 千琴 ☆

昨日は私の初めての試み

【夫婦を語るランチ会】を開催しました~!!!



すんごい良かった~!!!!!

手前味噌ながら、本当に素敵な会になったと思います♡♡♡



参加者様は6名様。

私を入れて7名だったので

人数多いかな~、ちゃんと盛り上がるかな~って

若干の不安はあったのですが

結果、このメンバーが集まったことには

ちゃんと、ちゃんと意味があったんだ!!!


って思えました!!



23140397_1521359851290623_1159996468_n.jpg
(晩秋のテラス席は肌寒かったです・・・)@シャンデリアテーブル梅田阪急



23146094_1521359734623968_1766779240_n.jpg

(でも人がいなくて思いっきり盛り上がれました♡)



23163753_1521359811290627_1426987417_n.jpg

(お料理も美味しかった♪パン食べ放題♪)




みなさま、ご自身の経験を語ったり

こんな時どうしてる?と質問したり

けっこう活発にお話が進んで、

目から鱗な名言もたくさん飛び出しました!!!


23140422_1521359964623945_2069836294_n.jpg

(参加者のお一人フットマッサージ講師の、のだめぐみさんは京都から!)



お一人お一人が、

ご自身にとって必要な情報を持って帰ってくださったと思います。



私にとっての名言は3つありました!!

3回に渡ってその名言をご紹介&解説していきますね☆




ひとつめ。

「今まで積み重ねて来た価値観を
ぶっ壊すために結婚ってするのかなって。」
byまこちゃん



いろんな方のお話を聞いてると、

夫婦って真逆の価値観を持ってるパターンが

すごく、すごく多いんですよね!!


それで、自分の方が正しいって思っちゃう。

相手の価値観を変えたくなる。

変わらない。

悩む。

自分が悪いと思っちゃう。

自信がなくなる。

でも価値観は変わってないので我慢するようになる。

どんどん自分が自分じゃなくなっていく。

心の中でパートナーを責める。

パートナーに責められるようになる。

責められることを自分に許してしまう。

自分が嫌いになる。

自分の価値が分からなくなり、

相手の言うことを聞くしかできなくなる。



このループがエスカレートしていくと、

暴力とかモラハラ、女性、お金などのトラブルを

引き起こすのではないかと思っています。



トラブルの元をたどって根っこを探っていけば

「価値観がそもそも違ってた」ってことになると思います。



この場合の価値観は

「お金は〇〇するべき」

「性とは〇〇であるべき」

「感情は〇〇するべき」

といった感覚です。


みんな、常識とか良識とかマナーとか、

自分の中の正義があってこれを決めているのだけれど、

正義があると言うことはどこかで「悪」の存在を

認識していることになります。



「悪」がある限り闘い続けなければいけない、

だからしんどいんです。



本当は「価値観」って人それぞれ違ってていいものなんだけど、

何十年もかけて身につけてきたもの、

絶対にこれが正しいって思っているんですから

そんな簡単には手放せないですよね。



だけど、やっぱり自分がその価値観に執着すればするほど、

パートナーが正反対のことをやってくるんです。



なぜか分かりません。


「陰と陽の法則」「光と陰の法則」のようなものでしょうか。


きっと生命エネルギー的視点で見たら

そうしなきゃそこの空間のバランスは維持できないのだと思います。



それとも神様のような存在とか、ハイヤーセルフみたいなものが、

「お前はその価値観に執着しすぎだから真逆のやつを送る。気付けよ」

という感じで配置してくるのでしょうか。



実際、パートナーに対して我慢していることを

子供もやるようになる、ということはしばしばあります。



「気づかないようならもう一人配置するから、今度こそ気付けよ」

とでも言われているかのようです。




そこで出たのがまこちゃんの上記の名言。


もしできるなら、

自分の価値観を一度ぶっ壊してみてもいいかも。



相手の価値観に合わせる、迎合するということではありません。



「〇〇するべき」を「〇〇しなくてもいいかもしれない」に

ちょっと変えてみるんです。


それで勇気を出していつもと真逆の行動をやってみる。



そしたら、「〇〇しなくても大丈夫やん!」ってなるかもしれない。



「大丈夫やん!」ってなったら、

そこの価値観は壊したことになりますよね?




そういう感じで小さなことから少しづつ

変わっていくんです。



相手に合わせるとか、相手を理解するとか、

そんな風に考える必要なくて。



あの人のあの行動って「あり得へん」って思ってたけど

もしかしたら「あり得なくもなかったりして」

というところから始める。


自分の価値観を疑ってみる。



で、勇気がいるけど

嫌で嫌でたまらなかった言動の真似をしてみるんです。




きっとね、怒られないと思いますよ。



だってパートナー自身がいつもやってることなんですもん。



相手は「良かれ」と思ってやってるんですもん。



逆に、「その気持ち分かる~」って言われちゃうかも(笑)




実は私も「怒り=悪」っていう価値観があったので、

怒りっぽい夫を本当に理解できなかった時期があったんです。


怒ると何か大切なものを失くしたり

壊したりしちゃうって思ってました。無意識に。


その頃は本当に夫はよく怒りを露わにしていました。



私は心の勉強をして、

「怒るのは悪じゃないかも」をちょっとだけ

取り入れてみたんです。



怒ったの。夫にも。子供達にも。


怒るお母さんになってみた。


気分次第でブチ切れてみた。



ぜんぜん大丈夫でした。

初めはちょっとだけみんなザワザワしてたけど、

次第にめちゃくちゃな要求を私にしてくることが

なくなっていきました。



私は「怒り」を手にいれて自分の領域を守れるようになったんです。


それと同時に、夫は怒らない人になっていきました。




夫は自分の領域を守るために怒ってたんだ、とか

家庭をよくしたいっていう思いのもと、

良かれと思って怒ってたんだ、

とか理解できるようになりましたから。



理解できるようになると

許せなかった行動はだんだんなくなっていくんですね。


不思議だけど。

それが「法則」なんだったら

さっさと従った方があとが楽です。



今では「怒り」を教えてくれた夫に感謝しています☆





名言その2とその3は

明日と明後日に分けて書きますね!



最後に美味しかったグラタンの写真をどうぞ♡

23163637_1521359951290613_101182733_n.jpg
関連記事
最終更新日2018-02-01
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply