プライベートオーガニックエステサロン **.:・prism・:.**

尼崎・武庫之荘にある隠れ家リラクゼーションエステ。本当の美しさを見出すお手伝いをしています。

たりないピース2

crown最近読んだ本ですcrown

Love,Peace & Green たりないピース2 (たりないピース (2))Love,Peace & Green たりないピース2 (たりないピース (2))
(2007/11/16)
宮崎 あおい、宮崎 将 他

商品詳細を見る


デンマークとグリーンランドのエコ事情を探りに行った、
宮崎あおいさん、将さん兄妹の旅の記録です。

幸福度世界ランキング第一位のデンマークは、
風力発電も世界一。

エコをすれば得をする、
身近なシステムもたくさんあるようです。

進んだデンマークの環境政策を知り、
「なんで日本はこんな遅れているんだろう・・」と
残念な気持ちにもなりました。

ただ、政治家だけが悪いんじゃない。

東国原宮崎県知事もよくおっしゃっていますが、
国民の無関心が一番悪いと思います。

デンマークでは、選挙の投票率が8割を超えるなど、
国民一人ひとりの中に
「私の声が社会を変える」という意識が
根付いているそうなのです。

国民の声が政治に反映されている証拠に、
原子力発電所が一基もないし、
また、政治家の汚職事件が世界で4番目に少ない国。
(日本は17番目)

デンマーク人の女性が言った言葉が印象的でした。

「常に自分で考えて選択しようという意識を持っている人は、
自分の行動によって何かを変えられると思っている。
でもそう信じなかったら、生きている意味がないんじゃないかな。」

子どもや、その子ども達に
胸を張って「できるだけのことをした」って言えるように、
しっかり考えて行動していきたいと思います。



さて、最近私はLOHAS JUNKIE☆のブログで、
1日1エコを合言葉に
(毎日は書けてません・・)
誰でもできるエコを提案しています。

また、オーガニックなヘアサロンや
レストランなどの記事も
更新していますので、
ご興味のある方は見ていただけると嬉しいです☆



武庫之荘のプライベートアロマ・エステサロン relax for beauty 'prism'

↓1日1クリックお願いします!
バナー

関連記事

6 Comments

サトシ  

ブログ巡り中に立ち寄りました。
応援ポチッ!

2008/02/09 (Sat) 11:27 | EDIT | REPLY |   

チップとデール  

エコは心がけていたんだけど…
年末位から愛知県の中部大学の教授や科学者達が古紙やペッボトルリサイクルは無意味で一挙に燃やしてしまった方が環境に良い。だとか割り箸はどんどん使わなければ自然災害が増える!っていう話を聞いて…じゃあ何故、事実に基づかない情報がこんなにも出回っているのか?…リサイクル回収業者と政治家との癒着!だそうです。
ホント、国民一人ひとりが知識をもっと増やして何もかもを信じずに真実の元地球環境を考えなければならないと思います。そのうえで国民の代表者を選ばなければならない。そして地球にとって本当にやさしい行為を勉強したいと思います。

2008/02/09 (Sat) 11:56 | EDIT | REPLY |   

みっちょろん  

おお!この手の本、読みたかったんです、いい情報有難うございます!!

そうそ、エコってちまたのリサイクルが政治の癒着で・・って話も見聞きしてたり、環境問題で先進国のデンマーク、グリーンランド、

またそれに加えて教育という分野でも(もちろん詰め込み教育とかでない)
未来を担う子どもの住み良い社会を考え、さまざまに実践しているアイルランド、ベルギーでの取り組みにはとても興味がありました。

日本という国の今は、もしかしたら転換期にきているような気もします。
いままでが無関心すぎで、もしかしたらその結果で癒着の構造、云々・・・

国民の意識が変わるのは、そんなに急げるとは思わないけど、過去の日本社会を成長させてきた50、60歳の代の人達が安心と思っていた日本社会は
じつは物理的な一時的虚像だったと、我々世代は気づいていかねばなりませんね。

なんたって、世界にはいろんなお手本がありますもの。

ちょっと子どもを育ててて、悲観的になりそうな現在の日本なのですが
千琴さんみたいな若い世代の方がいてくださることが
ホント、頼もしい限りです。


2008/02/09 (Sat) 13:47 | EDIT | REPLY |   

prism  

v-22チップさま、みっちょろんさま
お二人ともとてもいいコメントをくださって、ありがとうございます。

みんな不安なんですよね。
政治家や企業に裏切られてばっかりで、
信じるべきものがどこにあるのか分からなくて、
だからといって自分が変えられるとも思えなくて、
ただただ、漠然とした不安をずーっと抱えて生きてるように思います。

この本には、
環境先進国であり、福祉や医療の不安がないデンマークといえども、
国民一人ひとりがみんなハッピーでスマイルでさも幸せそう、
という訳ではない、と書かれています。

むしろ、アフリカやアジアの貧しい地域の子ども達の方が、
澄んだ瞳とはじける笑顔を持っているという印象を受けたそうです。

それはいったい、どういうことなのでしょうか。。。

幸せって何かな?

考えるべきことは山ほどありますね☆

2008/02/09 (Sat) 19:21 | EDIT | REPLY |   

sho☆sho  

すごく考えさせられる内容ですね。

私も、リサイクルなどが‘無意味’とわかった時は、本当に衝撃的でした。
教授や科学者の話も、まだ半信半疑です。
前に、分別を全くしていないゴミ袋が捨てられてありました。
あの番組を見た後だったので、この分別をしていないゴミ袋の方が正しいのかな?っと見入ってしまったことがあります。
本当に何を信じていいのかわかりませんね。

でも、確かな事もありますもんね!
ゴミを出し過ぎない!
エネルギーを使い過ぎない!
必要最低限で生活するように、もっと心がけようと思います!

私のお姑さんが、今の若い世代の方がマナーが良い!っと褒めてました。
戦後世代の方々は、生きること豊かになることに必死になり過ぎて、心が豊かでなくなってしまった人が多いように感じます。
私も、たまに自分の贅沢病に、嫌気がさす時があります。
贅沢病の時は、心が豊かでない時です。
毎日の生活が、当たり前になり過ぎてるんです。
小さな大切な幸せを見失っています。
人それぞれ実のなる部分の幸せは違うけれど、根っこの部分は同じですよね!

でも、どうして貧しい子ども達の方が、輝いてみえるんだろう?
贅沢を知らないから?
生きることだけに必死だから?

本当に、考えさせられますね。
考える機会を与えてくれてありがとう。
私も、もっといろんな想いを感じて考えれる人になりたいです。
今度、本を読ませて下さいね!









2008/02/09 (Sat) 23:05 | EDIT | REPLY |   

チコト  

sho☆sho
リサイクルって本当に無意味なのかな?
私も半信半疑、というかとりあえず保留中です。
どんな物事も、見る角度によって180°違うものに見えるから、
簡単には決断出来ないですよね。
自分でリサイクル業者や製紙業者を訪ねて
お話を聞く事ができたら、答えが出るかもしれません^_^;

どうしたらいいか決めかねている時、
私は自分の感覚を大事にするようにしています。
自分が気持ちいいと感じる行動をする、とか。

エコの話をする時に、私も、
親世代の方には躊躇してしまう事があります。
何十年も続けてきた習慣を変えろというのは
どうも言いにくい…。
自然に気づいてもらえるように、
時間をかけて少しずつアピールしています。

モノが溢れて情報が溢れて、
大切な物を見失いやすい時代、
贅沢病にかかってしまうのも無理ないかも。

貧しい国の子ども達は贅沢病じゃないから、
きっと目が綺麗なんでしょうね。

地球の宝物。
失ってはいけない光を持っている人々。
守りたいな。

いいコメント本当にありがとうございます!

2008/02/10 (Sun) 21:40 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

Follow Me